鉄道の音と揺れを楽しもう

鉄道模型を走らせる楽しみの趣味

鉄道の音と揺れを楽しもう 子供の時の夢として電車の運転士になることがありました。たまに乗るときは先頭車の方に行き、車窓だけでなく運転士の運転の様子を眺めたりしたものです。出発の時にはどうするか、減速や停止の時にはどうするかなどを見ていました。実際に運転士になるためには、まずは会社に就職し、更にそこから運転士の試験などに合格しなければいけません。誰にでもなれるものではないのです。大人になってからも夢を捨てきれない場合があります。

そういった人の鉄道系の趣味として、模型を走らせることがあります。自宅において線路を敷き詰め、その上を模型を走らせます。最初は楕円形の線路の上を走らせるだけでしたが、そのうち本格的なところを走らせたいと山を作ったり、畑、駅を作ったりしてより臨場感が出るようにしだします。線路の方も一本だったのが二本、三本と増え、立体交差を設置したりもします。これらの模型を操作するのはもちろん自分自身になります。

模型を走らせることにつては、必ずしも線路が必要なわけではありません。線路のあるところに行って走らせてもらえることもあります。線路を用意するにはかなり投資しなければいけません。少し利用料を支払って走らせさせてもらいます。

サイトリンク