鉄道の音と揺れを楽しもう

鉄道の趣味では前方や後方で眺める

鉄道の音と揺れを楽しもう 自動車を運転するとき、前を見て運転します。そうしないと危ないです。常に変わる景色を見ることができます。通勤などの移動ではそれほど面白みを感じませんが、これがドライブとなると非常に楽しいです。運転席と同様助手席も楽しいです。移り変わる景色を見ることができるからです。普段歩いているとそれほど頻繁に景色が変わるわけではないですが、交通機関であればどんどん変わります。次は何が来るかがよく見えるのです。

鉄道の趣味において、前方や後方において車窓を眺めることがあります。前方であれば、運転士とほぼ同じ目線で前の景色を見ることができます。車両によっては展望車とのことで座りながら見られることがあります。ある会社のものは、運転席が2階にあって、まさに運転席の位置から座って車窓を楽しめることがあります。一つの車両では、その座席しかありませんから、非常に貴重になります。前方も楽しいですが、後方もそれなりに楽しめます。

古い車両の場合は運転席の部分のガラスがあまり大きくなくて車窓が楽しめないこともあります。地方の景色のいいところで楽しめないのは残念です。それでも徐々に新しい電車も投入されているので、地方でも楽しめるようになるでしょう。

サイトリンク